200年後の水の時代を想う

2020年の暮れ。
大掃除の合間に音楽を聴きながら休んでいて、突然、昔の記憶が蘇った。
 
6年くらい前かな。
福島の子供たちをサポートしたいと強く思って。
事業を立ち上げようとしたんだよね。
 
わたしなりに
ものすごく頑張ったんだけど、
 
「ネガティブキャンペーンに
人は集まらない」
 
そんなシビアなアドバイスを
受けて
「手伝う」と言っていた友達も 
いつしか離れて
結局、途中で挫折した。
 
当時。
「子供たちを助けなくちゃ…」と 
強く思っていたのだけれど。
本当に助けなくちゃいけないのは
自分だったんだよね。
 
あの頃、「〜しなければ」と
脅迫めいた感情で動いていたことを
今、「やってもやらなくて
もどちらでも良い」
 
そんなニュートラルな心境で、
喜びベースで動き出せている。
 
そう気づいたら、
今日、この時まで生きてきた 
自分が愛しすぎて
支えてくれた全ての存在に感謝が
湧いて、涙があふれた。
 
世の中は今、
風の時代だと大騒ぎだけれど。
 
その時リアルに感じたのは
「ああ、すべてはその先の
水の時代に向かっているんだな」
と言うこと。
 
地の時代(200年)
風の時代(200年)
水の時代(200年)
 
大きなサイクルのなかの
風の時代の役割は
「〜すべき」とか
「自分なりの正義」とか
 
そんな膨れ上がった固定概念を
言葉と意図で壊していくこと。
 
でもその先に見すえているのは
水の時代の200年。
 
水の時代とは
愛の時代なんだよね。
 
その頃には人類は、
もうほとんど1人残らず
愛からしか行動しなくなっている。
 
ワクワクしたり
喜びがわいたり
感謝でいっぱいになったり
 
そんな状態が当たり前。
あらゆる行動の動機はすべて愛。
 
そんな水の時代に向かって
わたし達は意図と言う力を使い
時代を、自分を、
切り開こうとしているのだ。
 
今の時代に生まれた人たちは皆、
潜在的に革命家だと思う。
 
わたしたちは、たぶん
生まれる前に決めてきた。
 
200年先の子々孫々。
彼らが愛に生きるための土台を作ると。
 
そのことが
したくてしたくてたまらないんだ!
と。
 
さあ、ここからが本番。
 
まずは誰もが手始めに
自分の居る半径10メートルの
スペースを
意図でもって楽園にする。
 
愛に使命感なんていらない。
ただ、自分の中心に生きるだけ。
 
それだけで世界は
愛の時代へ向かうことを
自分の人生でもって体現するのだ。
 
これぞ
半径10メートルの冒険。
 
革命家の皆さん。
どうか今年も
来年もよろしくね。
 
風の時代に生まれたこの人生を、
共にとことん
楽しんで行きましょう♪
 

 

 

物語を読むだけで星が読めちゃうテキスト
『モッくまくんの星のレッスン』。
ただ今重版記念につき、
12星座ボディマップを
付録でお付けしています。
無くなり次第、終了いたします。

モッくまくんの星のレッスン


 

新しい占星術の扉が開く、新時代ファンタジー♪ 「闇を、愛せ」そんな衝撃的ないざないで始まる、人と幽霊と星たちの、美しき対話。先行発売スタートです。

世界は愛と法則でできている

 

今最もチカラを入れている木星のYouTubeチャンネル。新作発表を記念して、「ちょい黒木星」が登場します♪お楽しみに。

 

星を使うことは、自分を大好きになること。あなたの星、使ってる?ではまたね。

 

#スピリチュアル #風の時代

#占星術オンライン講座 #西洋占星術 

#水の時代 #愛の時代 #福島 #福島の子ども達