【「月は欠損」の罠】

「月星座=欠損」についてどう思う?

とよく聞かれるんだけど。

言葉は定義。

欠損と定義された時点で呪いだよ。

後からどれだけ美しい解説を並べても。

 

「欠損」

と聞いて楽になったと言う人は、

無意識に出る 月星座のネガティブパターンを どうにもできず

苦しんでいたところを、

「これは仕方ないことだったのか。 だって欠損なんだもの。

直さなくていんだ」

と思えるから。

これは半分正解直さなくていい。

ただし、

「本来の姿ではない (ただのネガティブパターン)」

というのも事実で、

いっときは

今の自分を「このまままでいい」と ゆるめることが できるから楽になるけど。

(このプロセスはすごく大事)

しまいに

「欠損」という定義だけが残って、

「素の自分は欠けた存在」 という

自己否定は 持続することになる。

 

月は命の源泉である。

ここに自分のコアがあり

形になる前の

言語化される前の

本能とハートがほとばしる 巨大な何かが存在する。

その言語化不能な 命の泉を

太陽という 自意識・光・表現の力でもって

形にしていく。

言葉化して立体にして、

世の中にうち出していく。

 

月を欠損としてしまえば

わたし達は 命の泉を手放すことになるだろう。

 

素の自分

あるがままの自分

を象徴する月。

欠けているものなどなに一つない

あなたの根本を愛することから始めよう。

 


物語を読むだけで星が読めちゃうテキスト
『モッくまくんの星のレッスン』。
ただ今重版記念につき、
12星座ボディマップを
付録でお付けしています。
無くなり次第、終了いたします。

モッくまくんの星のレッスン


 

新しい占星術の扉が開く、新時代ファンタジー♪ 「闇を、愛せ」そんな衝撃的ないざないで始まる、人と幽霊と星たちの、美しき対話。

世界は愛と法則でできている

 

今最もチカラを入れている木星のYouTubeチャンネル。新作発表を記念して、「ちょい黒木星」が登場します♪お楽しみに。

 

星を使うことは、自分を大好きになること。あなたの星、使ってる?ではまたね。

 

#スピリチュアル #風の時代

#占星術オンライン講座 #西洋占星術 

#月は欠損 #西洋占星術の月 #マドモアゼル愛先生

#月 #欠損 #愛する