【火星の使い方★第5の本質:内なる勇者】

【美しく働いている姿】
自分が大切な人、物、事が分かっていて、YESもNOも、率直に意思表示できている。
むろん、意志を示すばかりじゃない。
外へと向かう行動も「内なる勇者」の得意分野だ。
望んだものを、他者に遠慮することなく、まっすぐに獲りにいく、本能への正直さ。
今まで慣れ親しんだ安全な場所から飛び出し、新しいことにチャレンジする勇気。
肉体の限界を、集中力の限界を、ほんの少し超えることの爽快感も知っている。

また、この勇敢な者は、自分の人生が他者ではなく、自身によって創られたのだと分かっている。
だからこそ、この先の未来もまた「自分で切り開くことができる」と確信するんだ。

彼は他人と自分の境界線も、あいまいにしない。

誰かの悲しみを自分の悲しみにしない。
誰かの嘆きを、自分の嘆きと混同しない。

誰かの「助けて」に対し、自分が「手伝いたい」と思う分だけ、「出来る」分だけ、手を差し伸べる。
そこから先は、断る勇気、切り離す勇気を持っている。

そもそも、「相手の問題と自分の問題を切り分ける」とは、「相手は自力で解決できる」と、その力を信頼することだ。
自分の力を信じる彼は、他者の力もまた、ゆるぎないものと信じている。

これが、「内なる勇者」が美しく働いている姿。
男性性のパワーが、輝いている状態。

 

 

【星の使われ方】
1)暴力的なものとの遭遇
男同士のケンカや、殴り合いなどのシーン、車両事故などを見かけ、ザワザワする。
道端や職場、学校などで横暴な人物に遭遇する。ストーキングにあう。
男の人や男勝りの女性から、暴力や攻撃を受ける。(言葉の暴力も含む)

2)境界線を越えられる
プライベートな領域、「これ以上は入って欲しくない」という一線を超えて、言葉や行動で、ずかずか踏み込まれる。そのような相手に、恐れや怒りを感じる。

 

【星をどう使う?】
1)ことなかれをやめる
物事をおんびんに済ませようとするあまり、怒りやNOを我慢して、嫌なことを引き受けていないだろうか。
ハッキリと怒ること。
NOを言うこと。
自分の正当な権利を主張し、欲しいもの、必要なものを獲得しようと動くこと。

2)深い怒りをレスキューする
「『NOを言う』『主張する』はやっているけど…?」と感じたら。
自分でも無自覚な深い深い怒りがあるのかもしれない。
これは同時に「内なる子ども」を使うタイミング。
暴力や攻撃に遭遇したときに、あなたの中でジリッと動いた、感情や身体の感覚を思い出してみよう。
たとえば、「びくびくする」、「心臓がしめつけられ、命がおびやかされる感覚」など。
そしてこの感覚を、長い人生の中で、最も初めに体験したのはいつだったかを、思い出してみる。
「お父さんが、乱暴な言葉で怒鳴った時の、びくびく感だ」とか、「お母さんが手を振り上げる真似をしてたときの、怖さと同じだ」とか…。
まずはその感覚を、探り当てる。
そうして、当時の自分をぎゅっと抱きしめてあげよう。
眠る前、お風呂のとき、朝、目覚めるときに、幾度も思い出し、抱きしめてあげる。
その繰り返しのなかで、きっと君の古い怒りや恐怖は、薄らいでいくだろう。

3)拒否をする。関係性を断つ。
むやみに境界線を越えられる体験をしたならば。
自分とその人の関係性を、二人で作った関係性を、「すべて自分の問題」と引き受けてやしないか、点検してみよう。
そうしてね。少しこの世界を冷徹に見る。

不本意な相手との共同創造を、やめると決める。
自分の大事なスペースを守るために、両者で作った世界を終わらせる。
もっとシンプルに言えば、縁を切る、さよならをする。
「それはあなたの問題であり、わたしはその問題に関わる気はない」と、ハッキリ拒否をする。

そして、もしかするとその対象は、境界線を越えてきた人物だけに留まらない。
関係性を終わらせる相手が、他にもいる可能性は十分にある。

共にいても、あなたが「尊重されていない」と感じてしまう誰か。
安心を感じられない誰か。
そんな相手とのお別れのタイミングが来ているようだ。

別れとは、自分の人生と相手の人生の違いを認め、互いを尊重する行為。
さあ、勇気を持って踏み出してみよう。


物語を読むだけで星が読めちゃうテキスト
『モッくまくんの星のレッスン』。
公式サイトで購入すると12星座ボディマップがついてくる♪

モッくまくんの星のレッスン


あらゆるハード(凶と言われる星配置)をギフトに変える、日本にたった一つしかない、占星術の星の使い方オンライン講座♡

モッくまくん®の占星術オンライン講座


 

新しい占星術の扉が開く、新時代ファンタジー♪ 「闇を、愛せ」そんな衝撃的ないざないで始まる、人と幽霊と星たちの、美しき対話。

世界は愛と法則でできている

#モッくまくんの星のレッスン 

#スピリチュアル

#西洋占星術の火星

 

#菌プラ 

#菌とプラネットの恋

#火星の使い方